ブログ

確定申告の内容が間違っていた場合、どうすれば良いですか?

確定申告期限内に誤りに気付いた場合は、改めて申告書等を作成し、確定申告期限までに「訂正申告」を行います。

確定申告の期限を過ぎてしまった場合は、間違えた内容によって2種類の手続きをしてください。

(1)申告期限の後に税金を多く納めすぎた場合・還付金額を少なく申告した場合は「更正の請求」を行います。

(2)申告期限の後に税金を少なく納めていた場合・還付金額を多く申告していた場合は「修正申告」を行います。

確定申告する場合、修正の可能性も考慮し余裕をもった準備が重要です。

忙しく事業を運営する皆様のお手伝いができればと思いますので、些細なご質問などでもお気軽にご相談くださいませ。

関連記事

ページ上部へ戻る