良くある質問

決算期は3月でなければいけない?

“決算月(決算期)”とは、それら一事業年度の区切りの最終月のことをいいます。

特に3月決算にこだわる必要はありませんが、
事業年度の区切りを「4月1日から翌年3月31日まで」としている会社は、最終月の “3月” が決算月(決算期)になります。

決算月が3月である会社が多いため、公認会計士や税理士は、4月から5月にかけて繁忙期を迎えることになります。
税理士に顧問を依頼する際、決算時期が繁忙期である3月末や、12月末以外の月であれば、より丁寧に対応してもらえる可能性があります。

これから会社を設立するときは、繁忙期を避け、資金繰りを考慮して決算月を決めることをおすすめします。
また、既存の会社でも事業年度の区切りと決算月を変更することも可能です。(その場合、株主総会の決議や税務署への届け出が必要になります)

ページ上部へ戻る