ブログ

インボイス方式

2023年10月から「適格請求書等保存方式」、いわゆる「インボイス方式」が採用されることが決定しています。
インボイス方式とは、消費税率が異なる取引毎に区分した請求書のことです。

2019年10月1日から消費税率が8%から10%に変わり、軽減税率が適用され両方の消費税率の取引が発生します。
それぞれ異なる税率の区分けが求められるため、処理が複雑になることが予想されます。

インボイス方式は4年間の経過措置があり、2023年10月から完全移行となる予定です。
移行期間中は「区分記載請求書等保存方式」という、インボイス方式よりも簡素な方法での処理が可能です。

インボイス方式で仕入税額控除が認められる請求書は、税務署に登録された「適格請求書事業者」が交付する「適格請求書」です。適格請求書事業者の登録を受けられるのは課税業者限定となっています。
そのため、取引の相手先が免税事業者の場合は、仕入税額控除が適用されません。仕入税額控除を適用しようとすれば、適格請求書が必須になる点に注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る