ブログ

認定経営革新等支援機関とはどのようなものでしょうか?

経営革新等支援機関とは、税理士や金融機関などで、
税務・金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上として、中小企業庁から認定を受けた個人、法人のことです。
平成24年8月30日に中小企業経営力強化支援法が施工され、中小企業に対して専門性の高い支援業務を行う経営革新等支援機関の認定制度が創設されました。
経営革新等支援機関を認定することで、多様化する中小企業の経営課題・事業形態・事業内容への支援体制を整え、
中小企業に対してより専門的な支援を行うことを目的としています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る