ブログ

相続税の物納とはどのようなものですか?

相続税は相続開始後の10ヶ月以内に現金で納めることが原則ですが、
現金納付が困難な場合に限り、延納と物納が認められています。
延納とは分割して納付することで、物納とは土地等の財産で納付することです。
どちらも相続開始後10ヶ月以内に申請をしなければ受けることはできません。
ですから金銭での納付に不安があるのであれば、期限内に申請しておくことが重要です。
申請をした後から物納から延納への変更、現金納付による取り下げ等は可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る