代表者挨拶

代表者写真私達は、お客様が永続的に繁栄を続けるために全力を尽くします。

私が税理士を一生の仕事にしようと決めて、ちょうど10年になります。
奇跡のような、この10年は私にとって50年を超える価値のある時間でした。
振り返りますと、学歴も資格も知識も金銭も人脈も何も無い状態からのスタートでした。
今の環境があるのは、多くの方から受けた幾百千乗の恩のお陰と心から感謝致します。
仕事を通じて成長できたということは、お客様に育てて頂いたということですから、
お客様のために全力を尽くすことによって、
返しきれないほど与えて頂いている恩を少しでも多く返していきたいと考えています。

「仕事を通じて、恩を返していくこと」

これこそが私の働く理由であり、生きる喜びです。


代表者へのインタビュー


中明勇貴税理士事務所 所 長 中明 勇貴 氏
愛知県名古屋市

『今の環境があるのは、多くの方から受けた幾百千乗の恩のお陰』と常に周囲への感謝の気持ちを述べられる中明先生。
どんな小さな悩みでも真剣に受け止め、解決の為に全力を尽くされる先生は、経営者の方々のよろず相談所と言っても過言ではありません。
そんな中明先生のお客様への想いやモットー、先生を支える素晴らしい職員様達についても伺ってきました。

        インタビュアー:名南経営 細井 小友美




Q 先生が税理士になったきっかけを教えてください。


 15歳からの親友である現在の副所長が、21歳のときに「税理士を目指す」と言い出したことがきっかけです。
 私の人生で初めて持った将来の夢が「彼と一緒に仕事をする」ということで、それが叶えばパン屋でも本屋でもアイスクリーム屋でも何でも良いと思っていました。
 天職と引き合わせてくれたことに心から感謝しています。お客様を通じて様々な仕事を目にしますが、私にとって税理士以上の仕事は無いと感じています。


Q 中明勇貴税理士事務所のモットーを教えてください。


「私達 は、お客様が永続的に繁栄を続けるために全力を尽くします。」
 私は自分の誇れるものの全てを、仕事を通じて得てきました。仕事を通じて成長できたということは、お客様に育てて頂いたということです。ですから、私はお客様のために全力を尽くすことによって、返しきれないほど与えて頂いている恩を少しでも多く返していきたいと考えています。

Q どのようなサービスを心掛けていますか?


 お客様に悩みが発生したとき、税務と全く関係ない内容であっても、一番初めに頭に思い浮かべて頂けるような存在でいられるよう心掛けています。
 「経営」「資金繰り」「社員」「紹介して欲しい人材」「家族」「美味しいお店」「安く泊まれる宿」「子供の習い事」「駐車禁止違反の対処方法」挙げればキリがないほど毎日多くのご相談を頂きます。
 中には自分の知識だけでは解決できない相談もございます。即答できない内容であっても、いつも周りで支えてくださっている方々の意見を頂戴し、必ず一日以内に返答させて頂くように心掛けています。
 答えのない悩みもお客様と一緒に悩み、解決策を導き出すことができるように全力を尽くします。
 精神的な面でお客様を一番近くで支えることができる関係を築いていきたいと思います。

Q 事務所のいいところはどんなところですか?


 優秀な社員に恵まれていることです。事務所の価値は私一人の能力で評価されるものではなく、社員全員の持つ能力によって決まるものだと思います。
 私の仕事は、社員全員が喜んで働ける職場作りを進めることだと考えています。社員を見ていると「うちの事務所は上手くいって当たり前」だと感じます。
 自分一人の能力には限界があります。一日は24時間しかないですし、各分野の専門知識を完璧に保有することはできません。仕事量が私一人の限界を超えたときから、 社員の方々の支えなしではお客様に満足のいくサービスを提供できないと考えるようになり、自然と感謝の気持ちを抱けるようになりました。
 改めて・・・、社員の皆様、いつもありがとうございます。

Q いつもお邪魔すると、先生が職員様に対しての感謝の気持ちを述べられているのがとても印象に残っていました。その素晴らしい職員様達と共に発展されていくにあたり、今後の展望は何かあるのでしょうか?


 お客様の数や事務所の売上規模にこだわらず、お客様に提供させて頂くサービスを拡大拡充していきたいと考えております。同じ志を持った社員や仲間を増やし、より多くの経営者の力になりたいです。
 その過程で、お客様の要望に応じて、東京や大阪に支店を設けたり、海外進出支援を行うために海外に拠点を構えることもあるかもしれません。
 これからも事務所としてお客様と共に成長していきたいと考えています。

Q それでは最後に、経営者の皆様に向けて、メッセージをお願いいたします。


 私が税理士を一生の仕事にしようと決めて、ちょうど10年になります。奇跡のような、この10年は私にとって50年を超える価値のある時間でした。
 振り返りますと、学歴も資格も知識も金銭も人脈も何も無い状態からのスタートでした。今の環境があるのは、多くの方から受けた幾百千乗の恩のお陰と心から感謝致します。

 「仕事を通じて、恩を返していくこと」
 これこそが私の働く理由であり、生きる喜びです。
ページ上部へ戻る