ブログ

軽減税率制度と企業への影響

2019年10月1日に消費税が10%に引き上げられ、同時に軽減税率制度が導入されます。
軽減税率制度は、特定の品目に対して消費税を軽減するという制度です。

対象品目である飲食料品と新聞は消費税8%に据え置かれます。
ただ、飲食料品の中でも外食・ケータリングは10%、出前・テイクアウトは8%と分けられています。

そのため、売り上げや仕入れを税率毎に分けた経理や、請求書などの交付や保存が必要になります。

軽減税率の対象になる商品やサービスを扱っていない場合も、会議費や交際費として飲食料品を購入する場合があります。
つまりどの企業でも、日々の売り上げ・仕入れ・経費・申告において、複数税率に分けた記帳が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る